カーテンを替えて部屋の雰囲気を一段と良いものに!

生活が不規則な人にぴったりのカーテン生地があった!

仕事の都合などで、夜に働いて、昼間に眠るという人にとっては、いかにしてきちんとした安眠環境を整えるかが重要になります。
ただでさえ体内時計に反した生活をしているのに、昼に寝るとなると、どうしても窓から部屋に差し込む太陽光が気になってしまうからです。
カーテンの隙間のわずかな陽光であっても、安眠を妨げるに十分な力を持っています。
そんなときには、カーテンの生地を遮光性のあるものに変えてみるとよいでしょう。
遮光カーテンは、遮光性の性能の高さによって、生地には1級から3級までのグレードが付けられています。
より太陽光を遮る性能が高いのが1級です。
級数が下がるに従って、光を遮断する能力が低くなっていきます。
1級の生地になると、全く太陽光を通さないので、昼間でも真っ暗な空間を作ることが可能となっています。
2級、3級になると少しずつ光が漏れるようになりますが、その分お値段が安くなります。
予算に応じてどれを選ぶかを決めると良いでしょう。

用途に合わせてカーテン生地を選ぼう!

お部屋のインテリアだけでなく、日差しや外部からの視線を遮断するためにもカーテンはとても重要な役割を果たしています。
しかしカーテンといってもとても種類が豊富であり生地も用途や好みによって選ぶことができます。
一般的にはレースを内側に、ドレープを外側につるして利用し、夜はドレープもしめて外から見えないようにします。
日中はレースのみで視線は遮りながら太陽の光を取り入れるようになっています。
最近ではUVを遮断してくれる効果がある生地も多い為、窓辺にいても紫外線をあまり気にしなくても良くなっています。
カーテンの生地の素材の代表というとポリエステルです。
耐久性が高く、また窓際は結露してしまいますがカビなども生えにくいので多く利用されているのです。
他にもレーヨンやアクリルなどがあり、また自然素材が好きな方であればコットンもあります。
種類はとても豊富にあるのでお部屋のインテリアや、利用する用途、また好みなどに合わせて選ぶことができます。

最終更新日:2015/8/17